みなさんはキツマン女性とセックスしたことがありますでしょうか?

僕は運がいいと言いますか、キツマン女性と過去に3度セックスしたことがあります。

その経験から、キツマンの特徴をいろいろとご紹介していきたいと思います!

キツマンの特徴


キツマンというのは「締まりのきつい膣」のこと。

まぁ、そのままの通りです。

女性は誰もが膣の締まりがきついというわけではなく、一般的には処女やセカンドバージンの女性はキツマンが多いと言われています。

要するにセックスでおまんこを使う回数が少ないため、膣が狭くなりがちということです。

しかし、処女の女性でもキツマンじゃないことがあるなど、もともと膣が広い女性がいれば、その逆としてもともと膣が狭い女性もいます。

そのため、一般的に言われるキツマンの特徴は必ずしも当てはまらないのが、難しいところでもあります。

キツマンを持つ女性の特徴・セックス経験がない処女
・セカンドバージンとも呼ばれる長くセックスしていない女性
・とくに理由もなくもともと締まりがきつい女性もいる

キツマンとのセックスは好みが分かれる


キツマンにちんちんを挿入した感覚は、新品のオナホールを想像すると分かりやすいです。

購入したてのオナホールってローションをたっぷり入れても、グッとちんちんを押し込まなければ奥に届きませんよね?

膣のきつい度合いにもよりますけど、キツマンもこれに似ています。

また、キツマンの気持ち良さは好みが分かれるところで、あまりにも締まりがきつすぎるとピストンしずらく、人によっては痛いというケースもあります。

いいキツマンはちんことまんこのサイズの相性が大事


キツマンが気持ちいいかどうかは、お互いの性器のサイズの相性が大事です。

一般的なペニスのサイズよりも大きなイチモツを持っている男性の場合、やや締まりがきついだけでも結構きついと感じると思います。

これは女性側も同じで、別にキツマンじゃなくても相手が巨根だと痛いと感じることがあります。

なので、よく恋愛の長続きはセックスの相性が大事なんて言われますけど、結婚を目指すにはお互いのサイズの相性って割と重要かもしれませんよね。

キツマンの特徴・選び方は?


キツマンの特徴と選び方としては経験とリサーチの結果は下記の通り

  • 経験が少ない
  • 運動をしている
  • ハイヒールをよく履く
  • お尻がキュッとしている
  • 低身長な女性
  • 若い女性
  • キツマンの特徴・選び方①経験が少ない

    経験が少ない理由は、緊張から筋肉が硬直して膣が締めてしまうのが原因です。

    処女とか痛いと思って体をこわばってしまうのが緊張から膣が締まる原因ですね

    処女をやる場合は、リラックスさせることが重要です^^

    キツマンの特徴・選び方②運動をしている

    膣は足腰の周辺の筋肉を使って収縮しています。
    その為、定期的に特に走り込みとか足を重点的に運動している女性は「キツマン」の可能性があります。
    運動部で水泳や、陸上、体操だったなどの経験者や現在もやっている人はキツマンと思います。

    キツマンの特徴・選び方③ハイヒールをよく履・お尻がキュッとしているく

    こちらも、先ほどの運動と同じですね。お尻を鍛えている、動かしているひとはキツマンです。
    ハイヒールが似合う人は、お尻の筋肉が常に使われていてお尻が上がっている女性はキツマンの可能性があります。

    キツマンの特徴・選び方④低身長な女性

    膣のサイズは基本的には身体の構造的に身体の大きさと比例するそうです。
    その為、体が小さな女性は膣が小さいようです。なんとなく理解できますよね。

    キツマンの特徴・選び方⑤若い女性

    歳を取るにつれて女性器も緩んでしまうそうです。
    もちろん、若い人ほど色々動いたりするのも起因すると思います。

    キツマンの特徴・選び方について


    もちろん、当然ながら、セックスしてみないことにはおまんこがきつかどうかなんてわかりません。

    これがなかなか厄介で、一夜限りの男女関係なら別にいいですが、真剣なお付き合いを考えている場合にサイズの相性が悪いと結構つらいです。

    昔付き合っていた彼女は本当にキツマンで、僕のペニスは半分ほどしか入りませんでした。

    彼女もペニス少しだけ挿入するだけでも痛いというわけですよ。

    恋愛ってセックスだけじゃありませんからお互いに克服を目指しながら付き合いを続けましたが、半年ほどで別れることになりました。

    最後のほうはやっぱり満足のいくセックスをしたくなったので、浮気をしたこともありました。

    キツマンはセックスするほどゆるくなる?


    おまんこを使わないほどキツマンになるというのが一般的によく見聞きする内容ですが、この理屈でいくとセックスするほどキツマンはユルマンになるはずです。

    しかし、僕の経験では、上記でご紹介した元カノの場合はユルマンになりませんでした。

    その他、過去に経験した2人のキツマンは、ユルマンになったなと思うような記憶はとくにないので、一般的なセックス回数程度は簡単にユルマンになることはないのかもしれません。

    キツマン経験者が語る!キツマンの特徴とは?キツマンの女性の選び方まとめ

    僕の経験上、キツマンは本当に好みが分かれるなといった感じです。

    キツマンは締まりがきつくて気持ちいいというメリットの反面、刺激が強くて即イキしやすいなんてこともありますよね。

    逆にユルマンは刺激が弱いだけに長くセックスを楽しみやすいとも言えますし、その時によって締まりを調整できる女性が理想かもしれませんが、まぁ難しいですよね。

    とりあえず、いろんな女性とセックスしながら相性のいいおまんこを探していくのがセオリーとなりそうです^^