今回は、ハッピーメールのDBサイトはあるのかどうかをご紹介していきます。

ハッピーメールを利用する中でサクラや業者といった地雷を回避するために有効なデータベースをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハピメDBは閉鎖

2020年9月時点、ハッピーメールのデータベースサイトとして有名だったハピメDBが閉鎖してしまいました。

ハピメDBはユーザーの投稿で収集されたハッピーメール会員のプロフィールを検索して調査できるサイトだったため、閉鎖になったことでサクラや業者など地雷を判別する方法が1つ減ってしまったことになります。

しかし、その代わりとしてプロフィールDBというサイトを使う手があるので、今回はこれをご紹介していきます。

ハピメDBの代わりとしてプロフィールDBがおすすめ


ハピメDBの復活や新たなハッピーメール専用DBサイトが登場するまでは、プロフィールDBを代用として抑えておくのがおすすめです。

プロフィールDBについて見ていきましょう。

プロフィールDBとは?

プロフィールDBは、複数の出会い系に対応しているデータベースサイトです。

すでに閉鎖してしまったハピメDBやDBサイトとして有名なワクワクDBと、プロフィールDBの機能は変わりません。

ユーザーの投稿によって対応している出会い系の会員情報について口コミを閲覧することができるため、地雷を回避する目的で使うことができます。

料金はかかりませんし、メールアドレスから登録するだけですぐに使うことができます。

プロフィールDB:https://profiledb.club/

プロフィールDBが対応している出会い系一覧

プロフィールDBは、以下の出会い系に対応しているデーターベースサイトです。

 ワクワクメール
 PC MAX
 ハッピーメール
 YYC

今の時点では、4つの出会い系に対応しているので、これらの出会い系を複数利用しているならとくに使い勝手のいいデータベースサイトです。

プロフィールDBの検索機能一覧

プロフィールDBの検索機能は、以下のような内容があります。

 プロフィール検索
 最終ログイン順検索
 口コミ件数順検索
 詳細条件検索
 検索数上位順検索
 ニックネーム検索

さまざまな検索の仕方が用意されているので、目的に合わせてスムーズにリサーチしやすいです。

ただし、今の時点では、データベース件数の状況も含めて、ほとんどの検索機能はワクワクメールオンリーといった感じです。

プロフィールDBのデータベース件数一覧

プロフィールDBで閲覧できる情報量は、出会い系別として以下のような状況です。

 ワクワクメール:381,482件
 PC MAX:725件
 ハッピーメール:35件
 YYC:46件
 ミントC!Jメール:0件(未実装?)

まず、情報量は圧倒的にワクワクメールが多くなっており、次いでPC MAXです。

ハッピーメールは35件しか情報量がないため、ハッピーメールの玄人ユーザーが多数参加して情報量が増えなければ実用性に乏しい現状です。

ミントC!Jメールは対応している出会い系の種類に表記がないものの、データベース件数には表記があるため、今後はミント!CJメールにも対応するのかもしれません。

このデータベース件数はログイン後に表示されるようになります。

プロフィールDBの登録方法と退会方法

プロフィールDBは登録しなければ検索も投稿もできないサイトなので、まずは登録からスタートしましょう。

プロフィールDBの登録方法

プロフィールDBの登録方法は、トップページにある登録タグからメールアドレスを使って登録するだけです。

登録した瞬間から利用できるようになり、メールボックスでURL確認から登録完了のステップもありません。

登録してからとくにトラブルは起こっていませんが、もし不安なら捨てアドを調達して登録するといいでしょう。

プロフィールDB:https://profiledb.club/

プロフィールDBの退会方法

プロフィールDBは退会というページがあるので、退会したいときはそこからすぐに退会できます。

退会してから再度登録したいときは、以前に登録したメールアドレスで登録することが可能です。

これができないサイトって割と多いですよね。

プロフィールDBの使い方

プロフィールDBの使い方は、検索機能一覧でご紹介した内容から使いたい機能で検索するだけです。

各検索機能によって多少は使い方が異なりますが、それぞれの検索ページへアクセスすれば簡単に分かるレベルです。

とくに使い方や調査の仕方で困ることはないと思います。

プロフィールDBのメリットとデメリット

実際にプロフィールDBを使ってみた感想として、「ハッピーメールのデータベース件数が少ない・・・」、これに尽きます。

逆にワクワクメールのデータベース件数が非常に多く、あの有名なワクワクDBよりもおそらく情報量が多いと思われます。

そのため、データベースを使う前提で考えるなら、ハッピーメールからワクワクメールへ乗り換える、あるいは併用するというのがベストかもしれません

複数の出会い系に対応しているのが便利

プロフィールDBのメリットとなるのは、ワクワクメールの情報量が多いだけではなく、複数の出会い系に対応しているという点です。

今後に利用者が増えて各出会い系のデータベース件数が伸びてくれることが前提でもありますが、1つのデータベースサイトで完結できるのはとても便利ですよね。

ミントC!Jメールにも対応すると合計で5つの出会い系をカバーできるので、出会い系をよく使う人にとって非常に便利なデータベースサイトになる可能性は秘めていると言えます。

ただし、現状はデータベース件数に差が開きすぎているため、これによって情報量の少ない出会い系に関してはほぼ使えないのが残念です。

ハッピーメールのデータベース件数が少ないので実用性は低い

今、ハッピーメールだけで出会い活動をしているかたにとっては、プロフィールDBはほぼ使えないと思います。

たったの35件した情報が登録されていないため、自分が調べたいプロフィールがヒットしない可能性のほうが高いです。

プロフィールDBと同じく複数の出会い系に対応しているデータベースサイトとして、ホ別2DBというサイトがあります。

こちらもハッピーメールに対応しているため、プロフィールDBと合わせて活用してみてはいかがでしょうか。

ホ別2DB:http://db-max.com/index.html

まとめ

ハピメDBが閉鎖されてしまったため、今の時点ではプロフィールDBが代用候補となります。

それと合わせてホ別2DBも利用しながら、利用先を増やすことでハッピーメールの口コミ量をカバーしていくのが効率的です。