地方や田舎で出会い系を使っても意味がない、という説があります。

これは実際に地方や田舎に住んでいるかたからすると、「そのとおり!」と思うかたも少なくないのではないでしょうか。

なぜ、地方や田舎で出会い系を使っても意味がないのかというと、その理由は主に2つあります。

Contents

地方や田舎で出会い系を使っても意味がない理由

理由その①:そもそも人口が少ない

地方や田舎は都会に比べて人口が少ないです。

そもそも、人数が少ないことから出会い系を使ったところで目的の地域の人が見つからないことがあります。

理由その②:出会い系を使っている人が少ない

地方や田舎は出会い系を使っている人も少ない傾向があります。

これは地域にもよりますが、ほとんどの出会い系は東京都と比較した場合に他の地域はユーザーが少ないケースが多いのは本当です。

少し話がそれますが、Webサイトを運営していると訪問者がどの地域からアクセスしているのかという統計をチェックすることができるのですが、地域を問わないジャンルの場合はやっぱり東京都からの閲覧が多いことが良くありました。

今はもうスマホが主流でWebを使うことが当たり前の時代になっていますが、そんな時代でも東京都からのアクセスが最多という日は人口が多いところはWebを使う人が多いんだなと痛感します。

人口が多いので当然のことでもありますが、なんか不思議ですよね。

地方や田舎で出会い系は意味がない?


さて、本題の地方や田舎で出会い系は意味がないのかですが、結論としては意味がないといえば意味がないものの、出会い系に頼らざるを得ないというのが個人的な感想です。

私は奈良県の生駒市という地域に住んでいて、目の前には山があり、たまに猪が出ることもある田舎です。

奈良県といえば「鹿!」と「大仏!」というイメージをお持ちだと思いますが、まさにそのとおりで典型的な地方でもあります。

そんな田舎の奈良県に住んでいる私の周囲では、出会う方法で主流なのが友達関係や合コン、それに次いでナンパです。

男女問わず、友達関係や合コンでもなかなか恋人ができなければ出会い系を使うことは常識でもあり、それ以外の方法としてはもうお見合いするしかありません。

実際に出会い系を使ってみると、地方や田舎で出会い系は意味がないというイメージのとおりにユーザーが少なくて成功しない日も多々あります。

そこで辿り着くのが出会い系の併用で、出来るだけ会員数の多い出会い系を複数利用して効率を高めることに徹すると、意外と成功します。

奈良市で人妻とワンナイト、橿原市で即ホテルに行きたいという女の子をGET、私と同じ生駒市では真っ暗なド田舎の駅に深夜に呼び出されて姿も見せずにメールで「今きた車だよね?」と言われて恐怖を感じたこともありましたが、このような成功から地方や田舎で出会い系は意味がないということはないと思います。

他に手段がないなら地方や田舎でも出会い系をフル活用して人生を充実すべきです。

地方や田舎で出会い系を使うときは検索範囲を広げるのがおすすめ


奈良県の生駒市という場所は、隣の駅が大阪府です。

大阪の難波や梅田は電車で20~30分で行くことができ、生駒市に住んでいる人は大阪の学校に通ったり大阪で仕事をする人も多いです。

お隣の都会に近いということもあり、出会い系を使うときは奈良県内だけではなく大阪府、もう少し範囲を広げるなら京都府や兵庫県も対象にしている人も少なくありません。

他の地方や田舎に住んでいるかたも、私の地域と同じように検索範囲を広げられると思うので、出会い系を使うときはぜひ実践してみてください。

少し対象地域を広げるだけでも手応えはかなり変わりますよ。

地方や田舎で出会い系を使うメリットとデメリット


地方や田舎は出会いが少ない・・・出会い系はどう?

地方や田舎はなかなか出会いがない・・・。

ということで、出会い系を使ってみようかなと思うかたは多いのではないでしょうか。

基本的に出会い系というのは出会うために特化したツールなので期待値はかなり高いものの、一方では地方や田舎は人口が少ないので出会い系を使っている人も少ないなど、微妙な意見も散見されます。

今回は、地方や田舎で出会い系を使う際にどのようなメリットやデメリットがあるのかをまとめてみました。

これから地方や田舎で出会い系を検討しているかたは、参考にしてみてください。

地方や田舎で出会い系を使うメリット


地方や田舎で出会い系を使うメリットは、とくに都会の場合と比べて大差はありません。

地域によってメリットに大きな差があるわけではないため、いわゆる出会い系を使うメリットというのが地方や田舎においてもメリットとなります。

メリット①:見ず知らずの人に出会えるチャンスがある


出会い系は会ったことも見たこともない他人と出会えるのが魅力ですよね。

これは地方や田舎においても同様で、友達から恋人に発展できない人や合コンでパートナーが見つからない人など、このような状況だと出会い系を使うほうが明るい未来に辿り着くのは早そうです。

メリット②:自宅でパートナーを探せるので楽


出会い系はパソコン版やアプリ版などさまざまなバージョンがありますが、いずれも時間を問わずに自宅でパートナーを探すことができます。

たとえば、合コンって大きなチャンスが眠っているものの、合コンに行くのはいろんな意味で面倒に思うことがありますよね。

その点、出会い系は超楽です。

メリット③:セフレや不倫などエッチ目的の相手を堂々と探せる


友達あるいは友人または合コンなどでは、なかなかセフレや不倫相手を見つけるのは難しいですよね。

エッチが好きそうな相手でも、今後の関係を考えると恥ずかしくて言いずらいと思います。

しかし、出会い系はそもそもセフレや不倫を目的に利用している人もいるので、リアルな日常で探すことに比べると堂々と目的の合致するパートナーを探せます。

地方や田舎で出会い系を使うデメリット


地方や田舎で出会い系を使うデメリットは、都会に比べると人口が少ないというのがネックになってきます。

これはその地域に住んでいる全人口の少なさによって、出会い系の中においても都会よりユーザーが少ないという状況に遭遇しやすいです。

デメリット①:目的の地域にアクティブな会員が少ない

ほとんどの人は自分が住んでいる地域においてパートナーを探すと思います。

その地域における会員数が少ないと、なかなかいいパートナーが見つからないことがあります。

もし、アクティブな会員が少ないようなら、会員数の多い出会い系に乗り換えてみてください。

デメリット②:ある程度は目的や好みを妥協する必要がある


出会い系を使っている人が少ないと、自分の目的や好みなどを妥協しなければならないこともあります。

たとえば、セフレを探す目的でも募集されているのは恋人ばかりという状況なら、目的を恋人に変えるほうが次のステップに進みやすいですよね。

あまり高望みをせずに最低限として異性を捕まえるというスタンスで出会い系を使ってみるのも大切です。

デメリット③:成功するまでに日数を要することがある


人が少ない地域では、タイミングも加味して実際に出会えるまでに結構な日数を要することもあります。

この対策としては、1つの出会い系だけに執着せずに複数の出会い系を同時に活用するのがおすすめです。

利用する出会い系を増やすほど、それだけアクティブな人とコンタクトを取れるチャンスが増えますから。

地方や田舎で出会い系を使う注意点

地方や田舎で出会い系を使う場合、いくつか注意しておきたいことがあります。

地方や田舎だからこそ起こり得る失敗というのがあるので、これについてご紹介していきたいと思います。

また、後に全国共通の注意点もご紹介していくので合わせて参考にしてください。

【地方田舎編】注意点①:会員が少ないアプリがある

出会い系の成功率は会員数が重要です。

多くのユーザーがアクティブに活動している出会い系ほど、マッチングに成功しやすくなるので、地方や田舎で出会い系を使うときはなるべく会員数の多いサービスを選びましょう。

都会よりも地方のほうが人口が少ないため、会員数の少ない出会い系を選んでしまうと地域によってはアクティブな会員がほとんどのいないこともあります。

【地方田舎編】注意点②:短期で成功しないケースも多い

会員数の多い出会い系を選ぶことを前提としても、地域によってはなかなか活動するタイミングが合わず、募集に応募しても自分で募集を投稿してもコンタクトを取れる人が見つからないことは珍しくありません。

数日程度でパートナーが見つからなくても継続して活動することが大切です。

【地方田舎編】注意点③:田舎のピンポイントな地域では期待薄


本当に田舎の地域になると、会員数の多い出会い系でも期待値はそこまで高まりません。

これはその地域の人口の少なさの影響が強いため、対策としてはパートナーを探すエリアを広げるのがおすすめです。

極端な例ですが、沖縄県の離島で出会い系を使うなら、繁華街のある那覇市あたりまでパートナーを探すエリアを拡大するほうが相手を見つけやすいのは間違いありません。

出会い系でよくある注意点も合わせて抑えておこう


続いて、出会い系でよくある注意点もご紹介していきたいと思います。

これについては全国共通であり、都会や地方などを問わずに注意しておきたいポイントです。

【全国編】注意点①:サクラや美人局を見極めること


出会い系はまともな人ばかりが利用しているわけではなく、サクラや美人局といった存在も少なからずいるのが現状です。

女性からすると「変な男に出会うかも・・・」というのが一番の心配かもしれませんが、男性にとってはサクラや美人局に捕まってトラブルになる可能性があることが大きなリスクです。

最初からセックスの誘いをしてくるなど、簡単そうな雰囲気でコンタクトを取ってくる場合はサクラや美人局の可能性が高いと言われています。

実際に対面する際はトラブルを想定しておき、身分証明書やクレジットカードなど大切な物を所持せずにいくなど、いろいろと対策しておくと安心です。

また、恐喝された場合は迷わずに警察へ行きましょう。

【全国編】注意点②:援助交際やパパ活は交渉に重点を置くこと


援助交際やパパ活女子とマッチングできることも出会い系の魅力ですが、こちらもトラブルを回避することを念頭に置くことが大切です。

大抵は、どのような行為(サービス)でいくらの金額なのか、これで揉めることが多いです。

そのため、最初にしっかり内容と金額を交渉してお互いの合意を得た状態でデートするようにしましょう。

【全国編】注意点③:すぐに諦めないこと


これは地方田舎編でも少しご紹介しましたが、出会い系は継続は力なりです。

ある意味、タイミングゲーのようなもので、自分と同じ目的の異性が同じタイミングで出会い系を利用することでマッチングの可能性が高くなるので、成功するまで継続することが大事です。

理想のパートナーが見つからなくてもすぐに諦めるのではなく、一定の期間は継続して利用するほうが出会い系の成功率は高いです。

地方や田舎で使える出会い系3選

地方は東京などの都会に比べると、人口が少ないことから出会いの場が少ないというケースがあります。

また、人口だけではなく地域によっては人が集まりそうな繁華街がないこともあり、ナンパをするにしてもスポットがないなんてこともありますよね。

自分が住んでいる地域でなかなか出会いの場がないときは、出会い系を活用するのがおすすめです。

出会い系といってもいろんなアプリやサイトがあるわけですが、選ぶべきは有名で会員数の多いサービスです。

出会い系の会員数はチャンスの数といっても過言ではなく、出会いの成功率を高める上では真っ先に注目しておきたい情報です。

大手出会い系の会員数比較

大手の出会い系の会員数を比較してみたところ、以下のようになっています。

PCMAX:1500万人以上
ハッピーメール:2500万人以上
イククル:1500万人以上
Omiai:600万人以上
ペアーズ:1000万人以上
ワクワクメール:900万人以上
With:非公表

Webの出会い系ランキングなどで見かけるものでも、会員数が非公表になっている出会い系もあるので、基本的には公式サイトで堂々と会員数を公表している出会い系が選びやすいです。

上から3つ目までの出会い系は圧倒的に会員数が多く、それに次いでペアーズやワクワクメールの会員数が多い状況です。

地方や田舎で使える出会い系3選

会員数の多い出会い系トップ3を詳しく見ていきましょう。

地方や田舎で使える出会い系3選:1. ハッピーメール


ハッピーメールは20年以上の運営実績がある老舗の出会い系です。

会員数は2,500万人を突破しており、男女ともに多くのユーザーが出会いを求めて利用しています。

総会員数が多いことから地方や田舎でもアクティブなユーザーを見つけやすく、少し対象範囲を広げて隣接している都道府県も視野に入れるとチャンスの数はかなり増えます。

運営実績も加味して最優先で抑えておきたい出会い系です。

詳細はこちら

地方や田舎で使える出会い系3選:2. PCMAX


PCMAXはサービス開始から徐々に会員数が増えていき、現在は1,500万人以上の会員数を持つ大手の出会い系となりました。

個室ビデオで宣伝を見かけたり、PCMAXとアカウント連携できるライブチャットがあるなど、割とアダルトなイメージの強い出会い系です。

そのため、Webでもセフレを作るならPCMAXなんてセリフをよく見かけますが、実際のところはエッチ目的はもちろん、普通に恋活や婚活のために利用しているユーザーも多いです。

地方や田舎で使える出会い系3選:3. イククル


イククルも老舗の出会い系で、運営実績は20年以上です。

会員数は1,500万人以上を突破していて、大手の出会い系といえばで必ず名前が出てくるほどに有名です。

機能性もデザインもシンプルに作られているので、出会い系が初めてのかたでも馴染みやすいですよ。

公式サイト:https://www.194964.com/

出会い系を使う上で抑えておきたいコツ


出会い系というのは使えば成功するというわけでもなく、多少は努力も必要です。

利用開始からすぐにパートナーを見つけられることもありますが、そのような人は運がいいです。

やっぱり、会員数が多くてもお互いの目的や相性などがマッチしなければ成功に至るのは難しいため、パートナーが見つかるまで頑張って探すことが大切です。

基本的に出会い系を使うときは自分で募集を投稿するのがおすすめで、定期的に募集を再投稿していくようにしましょう。

連絡が来るのを待つ間に募集されている内容をチェックしていくという使い方をすると、効率よくパートナーを探すことができます。

何もせずに待っているだけでは連絡が来ることはほとんどないので、自分から積極的に行動していくほうが成功しやすいのは間違いありません。

また、プロフィールや写メなどはしっかり公開しておき、これをやっておくと興味を持ってもらいやすいですよ。