援交の相場は全国の都道府県によって多少の違いはありますが、ざっくりと1万円から3万円ほどが相場です。

安い地域なら1万円くらいでセックスすることができ、高い地域なら3万円ほどかかります。

今回は、援交を安く利用する方法についてご紹介していきますが、相場が1~3万円なので、せめて下限値の1万円あるいはそれ以下でセックスにありつきたいところですね。

援交を安く利用する方法


まず、援交を安く利用する絶対的な方法というのは、やっぱりありません。

相手もお金を稼ぎたいから援交をしているわけで、別にお金よりもセックスを楽しむことを優先するならセフレを探しますよね・・・。

とはいえ、可能性という意味では相場よりも安く援交を利用できるケースがあり得るので、それについてご紹介していきます。

【ラッキー編】相場より安い援交女子が見つかるまで探し続ける


超古典的かつシンプルな方法ですが、相場よりも安い金額で援交をしている女の子を探すという方法があります。

みなさんの多くは出会い系サイトを使って援交相手を探していると思いますが、この方法は運の要素があるとはいえ、定期的に募集投稿をおこなうことで運よく格安援交女子を見つけられる可能性があります。

【交渉編】とにかく安く交渉する


基本的に援交はお互いの条件が合えば成立する活動です。

最初に金額や内容を交渉する流れとなるので、そこで安い料金でセックスできるように交渉してみるのも1つの方法です。

相手が2万円や3万円あたりの金額を希望しているなら、そこから1万円以下まで金額を下げるのはおそらく厳しいです。

そのため、ターゲットにするのは提示額が1万円あたりの女の子がおすすめです。

このくらいの金額なら話術や相手の情報不足などによって、1万円以下でもOKになることもありそうです。

【期待編】デート援交でセックスにワンチャンかける


一般的に援交はセックスありきのデートのことを言いますが、相場としてはセックスなしのデートのほうが金額が安いです。

1回のデートで5,000円くらいが相場となっています。

セックスに誘うのは会ったこともない状態よりも、お互いに顔を合わせた後のほうが成功率は高いですよね。

デート援交からスタートして、あとはデート中の会話や雰囲気で勝負していき、最後にセックスできるようにかけるのもいいでしょう。

【プレゼント編】相場よりも安い高額っぽい品をプレゼントしてセックスする


お金ではなくプレゼントの見返りにセックスするという方法もあります。

そもそも、プレゼントの金額が1~3万円ほどするなら意味がないため、プレゼントの予算は1万円以下にしたいところです。

偽物のブランドバックや時計などをフリマなどで入手すれば、物によっては5,000円ほどで済むこともあるでしょう。

または、結婚式などでGETした景品でも、物によっては使えることもありそうですね。

【長期編】複数回の援交実績から今回は無料という割引にかける


これは意外と理にかなった方法でもあります。

同じ援交相手と何度もデートをしていると、お互いの信頼関係も築かれていきます。

複数回の援交実績によっては、無料とまではいかなくても相場よりも安くセックスに応じてくれることがあるかもしれません。

自分の誕生日など特別な日に交渉してみると、より成功率が高くなりそうです。

睡眠薬や脅迫などの強引な手段は絶対におすすめできない


安く援交したい人の中には、睡眠薬や脅迫などの強行手段を考えることがあると思います。

これは本当におすすめできません。

普通に罪に問われて仕事や家庭など大切なものを失う可能性が高く、そのリスクを取ってまで安く援交する価値はないでしょう。

東京の援交相場は?プレイ内容や平均予算を徹底解説!

マッチングアプリや出会い系の東京の援交をしたい人が気になる相場( 一一)
皆さん実際にどうなのか気になりますよね。

東京は全国の中でも援交相場が高い

今回は、東京の援交相場についてWebの情報をまとめてみました。

結論から言いますと、東京は全国の中でも援交相場がもっとも高い状況なので、地方よりも少し多めに予算を組んでおくほうがいいです。

東京の援交相場の安値

全国の援交相場の安値は1万円から1.5万円となっており、地方の安いところでは1万円前後で援交できることに対して東京は1.5万円が相場となっています。

全国に比べて東京の援交安値は約5,000円ほど高いです。

東京の援交相場の高値

全国の援交相場の高値は1.5万円から3.5万円です。

地方は高くても1.5万円前後で援交できる相場ですが、東京は3.5万円ほどかかります。

コストを抑えるためにもなるべく安値の1.5万円あたりを目安にしながら交渉していきたいところです。

関東圏の援交相場の比較


関東圏だけに絞って東京の援交相場を比較してみると、安値が1万円から1.5万円と全国と変わらず、高値は1.5万円から3.5万円とこちらも同じでした。

東京を中心にして関東圏の援交相場が全国の目安になっている状況です。

ちなみに関東圏でもっとも援交が安いのは栃木県の1万円から1.5万円、次に埼玉県と茨城県の1.3万円から2万円でした。

もっとも高額なのは東京の1.5万円から3.5万円、次に神奈川県の1.3万円から2.5万円です。

プレイごとの平均予算

東京の援交相場は1.5万円から3.5万円。

この金額でどのようなプレイができるのかについても見ていきましょう。

東京のセックスの相場


東京の援交でセックスをする相場は2.5万円から3.5万円ほどです。

この金額がゴム有りで本番する際の平均相場となっており、ゴム無しで本番をする場合は高値の3.5万円をオーバーして5万円ほどかかることもあります。

ゴムを付けるのか付けないのか、フィニッシュを中にするのか外にするのか、相手の容姿レベルも加味して高値の誤差は交渉次第といったところです。

何はともあれ、東京の援交でセックスするためには相場の高値を目安にしておく必要があります。

フェラの相場


東京の援交でフェラをする相場は8,000円から1.5万円ほどです。

東京の風俗店と比較した場合、ピンサロよりは高くヘルスよりは安いといった感じです。

ピンサロだと格安店で5,000円前後でフェラ抜きできるところもあるので、その価値観で考えるなら相場よりも安く交渉してもいいですね。

相場の高値である1.5万円ならセックスの交渉をするほうがコスパは間違いなくいいです。

デートの相場


東京の援交でデートのみをする場合、相場は5,000円から8,000円ほどです。

レンタル彼女のようなデートクラブと比較すると、圧倒的に安い金額となっています。

デートクラブは入会金や指名料などで初回でも数万円は軽くかかってくるため、女の子とデートするだけなら援交を活用するほうがコスパはいいです。

愛人契約の相場


東京の援交で愛人契約をする場合、相場は月15万円から20万円ほどとされています。

ただし、出会い系サイトの募集などを見ても、そもそも援交で愛人契約を見かけること自体が非常に少ないため、上記の相場よりも実際はかなり幅があると思われます。

自身で妥当な金額を計算するときは、1回のセックスの金額を決めて、あとは月にセックスする回数で算出すれば、双方にとって納得できる金額に着地しやすいです。

東京は全国の中でもっとも援交相手を見つけやすい


東京は全国の中でもっとも援交相場が高いわけですが、その大きな理由となるのは援交女子が多いからです。

つまり、相場が高い分だけ東京は援交相手を見つけやすいという利点もあるので、援交が好きなかたにとってはかなり嬉しい状況です。

もし、東京まで行くことができる範囲に住んでいるなら、援交をするときは東京で相手を探してみるのもいいでしょう。

地方の援交相場は?プレイ内容や平均予算を徹底解説!


次は、地方の援交相場です。
地方の援交相場はそれぞれの都道府県によって差があるものの、少し幅を広げてみるとそこまで大きな差があるというわけでもありません。

安値付近は1万円から1.5万円ほどの相場となっている地方が多く、高値付近は2万円前後の地方がほとんどです。

北海道・東北・北陸北海道1.5万円~2.3万円、青森県1万円~1.7万円、秋田県1.5万円~2.5万円、宮城県1.3万円~2万円、新潟県1万円~1.5万円、岩手県1.2万円~1.5万円、福島県1.2万円~1.3万円、山形県1.3万円~1.7万円
関東東京都1.5万円~3.5万円、神奈川県1.5万円~2.5万円、埼玉県1.3万円~2万円、千葉県1.5万円~1.8万円、栃木県1万円~1.5万円、茨城県1.3万円~2万円、群馬県1.2万円~1.5万円
中部長野県1.3万円~1.7万円、愛知県1.5万円~2.5万円、静岡県1.3万円~1.7万円、岐阜県1.3万円~1.6万円、山梨県1.2万円~1.5万円、石川県1万円~1.5万円、福井県1.2万円~1.7万円、富山県1万円~1.5万円
近畿大阪府1.5万円~3万円、京都府1.5万円~2.5万円、和歌山県1.3万円~1.7万円、兵庫県1.5万円~2.2万円、奈良県1.3万円~1.6万円、三重県1万円~1.5万円、滋賀県1.3万円~1.7万円
中国岡山県1.3万円~1.7万円、山口県1.2万円~1.6万円、鳥取県1万円~1.5万円、広島県1.3万円~1.7万円
四国愛媛県1.3万円~1.8万円、香川県1万円~1.5万円、高知県1.2万円~1.7万円、徳島県1.3万円~1.6万円
九州・沖縄福岡県1.5万円~2.2万円、長崎県1.3万円~1.7万円、大分県1.3万円~1.6万円、宮崎県1万円~1.5万円、熊本県1万円~1.5万円、佐賀県1.2万円~1.7万円、鹿児島県1.3万円~1.6万円、沖縄県1.5万円~2.5万円

もっとも援交相場が高い都道府県


全国の中でもっとも援交相場が高いのは先ほど紹介した東京都です。

東京都の援交相場は1.5万円から3.5万円、ゴム無しの生本番の中出しというフルセットになると5万円ほどかかることもあります。

もっとも援交相場が安い都道府県


全国の中でもっとも援交相場が安いのは、島根県や香川県など複数あります。

相場は1万円から1.5万円とされており、東京都の安値にあたる金額が高値になっています。

他の地方についても1万円から1.5万円の相場にプラス数千円から1万円ほどが相場となっているところが多いので、地方の援交相場はどこも同じような金額だと言えます。

全国のプレイごとの平均予算

地方は全国的に援交相場に大きな差がない状況なので、プレイごとの相場も同じです。

平均予算としてプレイごとにどのくらいの金額が必要なのかを見ていきましょう。

セックスの相場

セックスの相場は約1万円~2万円ほどを見積もっておくのがおすすめです。

ほとんどの地方は高くても1.5万円~2万円ほどの相場で、東京都などの関東圏では高値が2万円から3万円ほどになっています。

ゴムの有無や中出しなど交渉次第でも金額が変わるため、相場を目安にしっかり交渉してみてください。

フェラの相場

フェラの相場は5,000円ほどになっている地方がほとんどです。

東京の場合に高くても1.5万円くらいなので、セックスよりは安く楽しめます。

デートの相場

セックスなしの単なるデートの場合、ほとんどの地方は相場が5,000円前後です。

デート相場は東京の場合も高くて8,000円ほどなので、全国的にあまり相場は変わりません。

愛人契約の相場

愛人契約の援交相場は月7万円から15万円ほどになっている地方が多いです。

東京都の場合で15万円から20万円ほどという情報がWebで散見されるため、愛人契約の相場については都会と地方の差は割と大きいかもしれません。

関東圏以外はそこまで援交相場の差はない

今回は地方における援交相場をご紹介しましたが、関東圏以外の地方ではそこまで相場に差がありません。

どの地方においても同じくらいの相場で援交できるでしょう。

出会い系を比較してみました。
エッチなセフレを捕まえるためのエッチの仕方について